車の大きさで異なる免許!客を扱うかどうかの違いもある!

車の大きさによって免許が異なる

車にはいろいろなサイズがあり、普通自動車は軽自動車や普通の自動車になります。少し大きなバンタイプも普通の自動車に該当します。これらを運転するには普通自動車の免許があればよく、多くの人が持っているかもしれません。軽トラックのドライバーの求人なら、普通自動車の免許だけでも応募ができます。普通自動車以外にいくつかのランクがあり、最も大きな車を運転できるのが大型自動車の免許になります。これを持っていれば、自動車であればほぼどのタイプでも運転ができます。大型トラックなども運転できるので、土砂を運んだり大量の荷物を運ぶ仕事などが行えます。大型免許の取得は大変ですが、ドライバーとして仕事をするなら持っておくと有利と言えるでしょう。

お客さんを乗せるかどうか

お客さんを乗せる車としてタクシーとバスがあります。タクシーは普通自動車と同じようなサイズで、バスはかなり大きなものもあります。タクシードライバーの求人に応募しようとするときは、まずは普通自動車の免許を持っておくと良いでしょう。実際には旅客用と言われる二種免許が必要になりますが、タクシー会社の方で取得の支援をしてくれるケースが多いです。もちろん二種を取得していた方が採用されやすくなるでしょう。バスは大型の自動車の免許が必要で、こちらも旅客用の二種の取得が必要になります。バス会社の求人も、普通自動車の免許しか持っていない人の募集もしています。仕事は大型二種が必要なので、免許取得の支援や教育などをしてくれます。

様々な種類のドライバーの求人情報を確認するなら、ドライバー専門の求人情報サイトがあります。無料で利用できるようになっているので便利です。