トラックドライバーの求人に応募するためにはどんな免許が必要?

中型免許なら10トンまでは運転できる

トラックドライバーの求人に応募したいと考えている人が悩むこととして、どんな免許が必要なのかでしょう。免許の種類によっては乗ることができない車もあるため、事前に必要なトラックを知っておき、取得できるのであれば取得してから求人に応募してください。

中型免許を持っている人の場合、車両総重量が2トン車、4トン車といったトラックには乗ることが可能です。中型免許の種類によって8トン未満までといった制限をされている場合もありますが、通常の中型免許の場合には11トン未満までのトラックを運転することができます。中型免許でマニュアル車用の免許を取得している人であれば、10トン車まででしたら運転ができるため、求人内容を確認して応募してください。

大型免許があると更に仕事がはかどる

トラックドライバーの求人の場合、中型免許以上のトラックを運転しなければいけない場合もあるため、必要免許として求人募集内容に書かれているかどうかチェックすることが肝心です。大型一種と呼ばれている免許を持っているかどうかで、応募できるかどうかが異なりますので注意してください。一般的なトラックドライバーとして正社員を目指す場合には、あったほうがいい免許です。

大型一種免許とは21歳以上の人が取得できる免許で、車両総重量が11トン以上の車を運転するのに必要な免許証となっていますが、教習所に通って取得する人が大半となっています。普通車運転免許や中型運転免許を持っていなければ免許を取ることができませんので、まず普通車及び中型免許を取得してから取りましょう。なお、会社によっては普通車を持っていれば、会社で大型を取らせる教育制度を採用しているところもあります。

トラックドライバーの求人は年間を通してよく募集されています。お給料はよいですが、とても体力のいるお仕事です。