実は稼ぐことができる!? タクシードライバーに転職する

意外と高額収入なタクシードライバー

タクシードライバーへの転職が注目されています。というのも、実はタクシードライバーはやり方次第で、かなり高額の収入を得ることが可能だからです。興味を持った方は、まずタクシードライバーの求人を検索してみてください。かなりの求人案件がヒットします。「普通二種免許取得にかかる費用は全額会社負担」とか、「転職後三ヶ月は最低給与を保証」などといった魅力的な文言が並んでいるタクシー会社も珍しくありません。

実際にタクシードライバーに転職した人の経験談も掲載されていて、「収入が増えた」や「残業や休日出勤がほぼない」との声も多数寄せられています。タクシードライバーは大変な割に歩合制なので収入が安定しないというイメージがあるかもしれませんが、実は稼げる職業です。

なぜ稼ぐ事が可能なのか

大手のタクシー会社では、独自の営業網を持っています。たとえば企業との独占契約によって、毎日安定して配車の依頼があるので、客を探す必要がないという場合があります。これなら時間も無駄になりませんし、確実に収入に結びつきます。また専用のタクシー乗り場を持っているというケースもあります。この乗り場には他のタクシー会社のタクシーが来ませんから、競争する必要もなく、確実に客を乗せることができます。また近年普及が進んでいるタクシー配車アプリなどとも連携して、今タクシーを必要としている人がどこにいるのかをリアルタイムで把握することもできます。

大手ならきちんとした労働環境も整っているので、休日もしっかり取得できますし、残業することもほとんどありません。もっと稼ぎたいという人は自分の裁量で労働時間を調整することもできますから、やりがいにもつながります。

タクシードライバーの求人を応募する際に必要な免許は、普通2種免許です。普通免許を取得してから3年以上経過していれば、取得することが出来ます。