CADのエンジニアの求人の着目すべき点とは?

経験者向けの求人は基本給や手当の金額をチェック

経験者向けのCADエンジニアの求人を選ぶ際は、企業ごとの求人票の基本給や手当の金額をチェックして、就職後に満足のいく収入を得られるかどうか判断をすることが大切です。たとえば、設計事務所やデザイン事務所などで長年にわたりCADを駆使して仕事を請け負ったことがある人や、メーカーなどで製品開発の実績がある人は、転職時に有利な条件で交渉ができることもあります。また、IT関係の求人が多数掲載されているサイトの中には、経験年数や保有資格などの条件に合致する求職者を対象に、CADエンジニアの非公開求人を紹介しているところも少なくありません。そこで、将来にわたりCADエンジニアとして活躍の場を広げたい人は、様々な手段を使って在職中から自分の経歴を高く評価してくれる会社をピックアップすることがおすすめです。

業務未経験者は採用後の研修がある職場を選ぼう

CADを使った業務を担当した経験がない人は、若手のエンジニアの候補を積極採用している企業の求人を優先的に探すことがおすすめです。特に、業界大手のメーカーの中には、若手のCADエンジニアの育成のために多額のコストをかけたり、様々な形で業務研修を実施したりしているところが珍しくありません。そのため、働きながら一人前のCADエンジニアに必要なスキルを習得したり、一通りの業務内容をマスターしたりしたい人は、余裕をもって実務未経験者を歓迎しているいくつかの会社の求人情報を集めて、会社ごとの研修内容や研修期間を確認しておくことが肝心です。

CADオペレーターはコンピューター上での図面作成が主な仕事です。工業部品等の設計のほか、上下水道等の社会インフラの設計でも利用されているので、メーカーだけでなくコンサル等、幅広い業種で活躍できます。