外資系に転職する際に知っておきたいポイント

外資系で働くための語学力とは

キャリアアップを図るために外資系企業に転職する人は少なくありません。外資系企業で活躍するためには、当然ながら優れた語学力が不可欠なのですが、必ずしもネイティブレベルである必要はありません。ネイティブレベルの語学力とビジネスレベルの語学力は別物なのです。ビジネスレベルで語学を使いこなすためには、専門的な単語は理解できなければなりませんが、文法についてはそこまで複雑なものは要求されません。むしろ、シンプルな表現を用いた方が言いたいことがストレートに伝わり、スムーズに仕事を進められるようなケースも少なくないのです。そのため、外資系に転職するにあたっては、語学にこだわりすぎる必要はなく、ビジネスシーンでのやり取りに困らないくらいになっていれば十分なのです。

コネクションを馬鹿にしないこと

外資系で働く上では、使えるコネクションはなるべく利用することです。日本ではコネを使って何かをするというのは邪道のように見られがちですが、特にアメリカではコネも実力のうちであるという考え方が根強いため、使えるコネは利用したほうが良いのです。そのため、普段から頼りになりそうな人とは積極的にコネクションを構築するように努めておくというのがおすすめです。もしかすると将来的に力になってもらえるかもしれませんので、転職した後も元の会社の上司や同僚とはなるべく良い関係を維持するようにしましょう。ただし、露骨にコネ狙いだと思われるとかえって人間関係が悪化してしまいますので、その点には注意が必要です。

外資系求人に応募をする際は、企業の方針や職種によって、語学のスキルや海外での勤務経験などの条件が定められることがあります。