外資系企業にはどのようなところがあるのか

そもそも外資系企業とは

キャリアアップを図るために、外資系企業への転職を希望する人が数多くいますが、そもそも外資系企業とはどういった会社なのでしょうか。外資系企業の本来の意味は、外国資本が入っている企業ということですが、日本籍企業の中にも海外の資本が入っているところがいくつか存在しますので、そういったところと区別するのであれば、外国資本が入っている外国籍企業であるといった方が正しく伝わるかもしれません。基本的に、本社は海外にあり、日本の支店や営業所は、その傘下にあるという位置づけになります。

外国籍企業にはどういったところがあるのか

転職先として人気が高い外国籍企業は、投資銀行をはじめとする金融業を営むところがですが、それ以外にも製薬や電機、情報通信に至るまで、ありとあらゆる業種の企業が海外から日本に進出してきています。そのため、自分が実力を活かせるのはどの業界であるのかという点をしっかりと見極めてから転職活動を始めないと、いくら頑張って転職しようとしてもいつまでたっても就職先が決まらないという事態に陥りかねません。基本的に外資系企業が求めているのは即戦力に限られますので、彼らに役に立つ人材であると評価してもらえないと内定を勝ち取るのは難しいのです。

外国籍企業で働くことの意味

外資系企業は日本籍企業と比べて給与水準が高いケースが多いのですが、その反面、任せられた仕事の成果を出せないと降格されたり、場合によっては解雇されてしまう厳しい世界でもあります。また、スペシャリストが重宝される傾向にあるため、日本籍企業で活躍しているジェネラリストのような人材にとっては働きにくいと感じるかもしれません。

英語を使うイメージが強い影響があり、英語を使えないと外資系転職は不可能だというイメージを持つ人は多いです。しかし、実際には外資系企業には英語を用いない部署もあるため、転職は不可能ではありません。